滋賀県立琵琶湖博物館


滋賀県にあるトンネル型の水槽で下から見上げる水族館が 
滋賀県立琵琶湖博物館です。






その詳細は・・・・・・・・・・・ 滋賀県立琵琶湖博物館



住所     滋賀県草津市下物町1091
営業時間 9:30〜17:00 最終入館16:30。
        ディスカバリールームの最終入室は16:00
定休日     月曜(休日の場合は開館)、年末年始 
        ※その他臨時休館あり 
料金     観覧料 一般 750円 大学生 400円 高校生 400円
        年間観覧券 一般 1500円 大学生 800円 高校生 800円
        個人共通券 一般 850円 大学生 520円 高校生 520円

アクセス 【電車】JR草津駅からバスで琵琶湖博物館前下車徒歩2分
        【車】名神高速道路栗東ICから約25分
駐車場      480台  
公式ホームページ




まとめ
滋賀県立琵琶湖博物館は、トンネル水槽では湖の底に潜った気分で
魚たちを見る事ができます。
又、淡水水族館も併設する湖専門の博物館です。
琵琶湖を取り巻く自然環境の変遷を、約2億5000万年前まで遡って紹介する博物館。
琵琶湖周辺に生息していたゾウなど古生物の模型や骨格標本や
原始の考古資料、実際に使われた漁具などを展示しています。
さらに、写真パネルなどを用いて、世界の湖を研究・解説している。
また、水族展示室も設けており、琵琶湖に生きる魚や、
世界の淡水魚が泳ぐ姿も見ることができる。
トンネル水槽で暮らす約300匹の淡水魚は、
琵琶湖の沖合・竹生島の周辺に暮らす魚が中心。
琵琶湖だけにすむ国内最大級のナマズ、
ビワコオオナマズがいるナマズ専用の水槽は、
夜行性のナマズを昼間に見学できるようにされています。
posted by 管理人 at | 博物館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする